ラブレ

MENU

ラブレ菌とは一体何なのか?他の乳酸菌との違いは?

ラブレ菌

最近乳酸菌飲料やサプリメントなどでその名前を
見かけることが増えてきた「ラブレ菌」。

 

なんとなく健康にいいことは知っているけど、
一体どんなものなのかわからないという人も少なく
ないのではないでしょうか。

 

ここではラブレ菌を効果的に摂取するために、その特徴や
他の乳酸菌との違いについて解説していきたいと思います。

 

 

そもそもラブレ菌とは何なのか?

 

ラブレ菌は植物性乳酸菌の一種で、正式名称は「ラクトバチルス・
ブレビス・サブスピーシス・コアギュランス」と言います。

 

世界的に有名なルイ・パストゥール医学研究センターで1993年に
発見された成分で、京都にあるパストゥール医学研究センターの
岸田綱太郎博士が「京都の男性が長寿である」という事実に
目をつけて京都の伝統食である「すぐき漬け」を徹底的に研究。

 

その結果、すぐき漬けの中からラブレ菌が発見されたのです。

 

漬物などのように塩分濃度が非常に高いものの中に存在する
この乳酸菌は、塩分以外にも酸や熱などの刺激に強いという
特徴を持っています。

 

これは植物性乳酸菌に共通する特徴でもあり、哺乳類のミルク
由来の動物性乳酸菌に比べて、さまざまな環境で生き抜く
たくましさを持っているということなのです。

 

そのため、サプリメントなどで体に取り入れた時も、腸まで
生きたまま届きやすく、適切な場所でしっかりと働くことが
できる優秀な健康成分なのです。

 

 

他の乳酸菌とはどう違うの?

 

乳酸菌には非常に多くの種類があります。

 

ラブレ菌を含む植物性乳酸菌と、チーズやヨーグルトなどに
含まれる動物性乳酸菌の違いは、上記でも触れたように、
どのような環境に存在できるかということの違いにあります。

 

動物性乳酸菌は、温度や栄養状態などにとても影響されやすく
ちょっとした刺激で死滅してしまいますが、植物性乳酸菌は
胃酸や塩分、熱などにも負けず、過酷な環境でも生き抜くことが
できる驚異的なパワーを持つ成分なのです。

 

そんな植物性乳酸菌の中でも、ラブレ菌は特にたくましい力を
持っていることがわかっています。

 

多くの乳酸菌は胃酸などの消化液で死滅してしまい、腸に
届いた時点ではほとんど働くことの出来ない状態になって
しまいますが、ラブレ菌ではそのようなことがなく、
腸内でも活発に働き、腸内環境を整えてくれるのです。

 

 

ラブレ菌を飲む時&選ぶ時のポイント

 

美容や健康のためにラブレ菌を取り入れてみたいと思った時、
サプリメントやヨーグルトをチェックする人が多いと思いますが
現状ではラブレ菌配合したヨーグルトはほとんどありません。

 

乳酸菌飲料やサプリメントにはラブレ菌を豊富に含むものが
あるので、飲みやすい方を選ぶといいでしょう。

 

腸内までしっかりとラブレ菌を届けて働かせるためには、
豊富な菌量とできるだけ胃酸などに影響を受けにくくするための
工夫が施されたものを選ぶとより良いと思います。

 

また、ラブレ菌を含む乳酸菌は体に長期間とどめておくことが
できるものではないので、毎日継続して飲んで腸内環境を
正常化することがポイント。

 

そのため、飲みやすく続けやすいものを選ぶことも大切です。

 

 

ラブレ菌サプリ ランキング

関連ページ

ラブレ菌の働きについて<便秘・下痢・ダイエットに◎>
ラブレ菌の働きについて詳しくご紹介しているコラム記事です。
注目の健康成分「ラブレ菌」のさまざまな効果・効能とは?
ラブレ菌の効能など特徴について詳しくご紹介しているコラム記事です。
ラブレ菌の免疫力アップ効果について<アトピー・風邪対策>
ラブレ菌のアトピーや風対策について詳しくご紹介しているコラム記事です。